制度の概要

 我が国の大学院、大学学部、短期大学、高等専門学校、専修学校の専門課程に渡日前入学許可により入学予定の、学業、人物ともに優れ、かつ経済的理由により修学が困難である私費外国人留学生を、文部科学省外国人留学生学習奨励費(以下「学習奨励費」という。)の予約者として決定することにより、渡日及び進学後の経済的不安を緩和し渡日前入学許可の促進に寄与するとともに、学習効果を一層高めることを目的とする制度です。

(1)渡日前入学許可制度の定義

渡日前入学許可制度とは、外国人留学生の入学選考に際し海外から直接応募を受け付け、入学するまでの間一度も応募者を渡日させることなく合否を判定し、入学を許可する制度のことをいう。

(2)奨学金給付額

 受給する年度の学習奨励費給付月額のとおり。
(平成29年度月額は、大学院レベル48,000円、学部レベル48,000円。年度により変更になる場合があります。)

(3)奨学金給付期間

 1か月を単位として給付します。
 春季採用(4月入学):12か月(受給者として決定した年度の4月分から翌年の3月まで)
 秋季採用(9、10月入学):6か月(受給者として決定した年度の10月から翌年の3月まで)

(4)申し込み方法

 入学予定の学校が申し込みを行います。学生本人からの申し込みは受け付けておりません。
 本制度予約枠の区分及び推薦可能大学等は以下のとおりです。

予約枠の区分 推薦可能大学等
(1)一般予約枠 (大学院レベル) 大学院において渡日前入学許可制度を行っている大学
(2)日本留学試験利用予約枠 (学部レベル) 日本留学試験利用渡日前入学許可校として、本機構留学試験課に登録している学校 (春季採用については平成29年12月1日現在登録校、秋季採用については平成30年6月1日現在登録校)※
(3)英語コース予約枠 (学部レベル) 英語による授業のみで学士・準学士の学位等を取得できる学部等を設置しており、当該学部等において渡日前入学許可制度を行っている学校

※日本留学試験(EJU)利用 渡日前入学許可校として登録されている学校は以下のページを参照してください。

(5)制度の対象者

次の1、2のいずれかに該当する者とします。

  • (注)本制度における「正規生」には、研究生、研修生、科目等履修生、専攻科生、別科生、聴講生、選科生等は含まれないものとする。
  • (注)学習奨励費受給者として採用されるためには、「(8)受給条件等」に定める手続き等が必要。

(6)採用までのスケジュール

【春季・秋季共通】

10月下旬 募集通知(機構→学校)

【春季】

12月上旬 制度の申請(学校→機構)
1月下旬 予約枠推薦上限数の通知(機構→学校)
2月中旬 予約枠推薦予定数の提出(学校→機構)
3月下旬 予約枠推薦依頼数の通知(機構→学校)
4月上旬 予約者入学
5月中旬 奨学金の申請(システムへのデータ入力)
6月中旬 選考結果通知
7月中旬 奨学金初回振込(4~6月分)

【秋季】

6月上旬 制度の申請(学校→機構)
6月末 予約枠推薦上限数の通知(機構→学校)
8月上旬 予約枠推薦予定数の提出(学校→機構)
8月末 予約枠推薦依頼数の通知(機構→学校)
9月又は10月上旬 予約者入学
10月上旬 奨学金の申請(システムへのデータ入力)
11月上旬 選考結果通知
11月中旬 奨学金初回振込(10月分)

(7)予約者の内定と内定の取り消し

 各学校の長は、予約枠推薦上限数の範囲内で、各渡日前入学許可制度による入学予定者の中から本制度による予約枠で推薦する者を審査の上、予約者として内定します。
 なお、予約内定者が次の1~4までのいずれかに該当する場合、予約内定は取り消しとなります。この場合、本制度による予約枠で学習奨励費受給者としての推薦を行うことはできません。

(8)受給条件等

募集要項

留学生受入れ促進プログラム予約制度(大学推薦)対象研究科・学部学科等

平成29年度留学生受入れ促進プログラム予約制度(大学推薦)の対象となっている研究科・学部学科等は以下のとおりです。平成30年度の対象研究科・学部学科等については、春季入学採用は平成30年1月下旬頃、秋季入学採用は平成30年8月下旬頃に掲載予定です。

平成29年度春季入学採用 学校別対象研究科・学部学科等について

平成29年度春季入学採用について、以下の研究科・学部学科等を留学生受入れ促進プログラム予約制度(大学推薦)の対象として認定いたしました。

平成29年度秋季入学採用 学校別対象研究科・学部学科等について

平成29年度秋季入学採用について、以下の研究科・学部学科等を留学生受入れ促進プログラム予約制度(大学推薦)の対象として認定いたしました。


PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。