本研修会は、講義・演習形式のカリキュラムにより、障害学生支援の実務者を育成することを目的としています。基本的な知識の習得や対応の向上等を図ることを目的とした基礎プログラムと、障害学生支援を担当する教職員個々の専門的知識の向上や実践面の向上を図ることを目的とした応用プログラムに分けて実施します。

  • 「基礎プラグラム」について、会場でご希望いただいた修了証書と出席証明書を10月23日に発送しました。

基礎プログラム開催報告

障害学生支援の実務者を育成するための基本的な知識の修得や対応の向上等を図ることを目的に、「障害学生支援実務者育成研修会(基礎プログラム)」を開催しました。

【東京】
日程:平成29年8月21日(月曜日)・22日(火曜日)
会場:東京国際交流館 プラザ平成
参加対象:大学、短期大学、高等専門学校の障害学生支援に関わる教職員
参加人数:168人
【大阪会場】
日程:平成29年8月28日(月曜日)・29日(火曜日)
会場:千里ライフサイエンスセンター
参加対象:大学、短期大学、高等専門学校の障害学生支援に関わる教職員
参加人数:135人

障害学生支援実務者育成研修会(基礎)(東京会場)

1.開催内容
開催当日は、障害のある学生の支援ニーズと学校の支援方法、支援者の育成、就職支援等に関する講義のほか、グループに分かれての所属校の課題の発見等に関する演習(協議)等が行なわれました。
開催後に実施したアンケートでは「理念や考え方を伝えていただき、整理ができた。」「パターンにはめることなく、学生に必要な支援を探ることが大切だと感じた。」、「他の大学と交流ができ、とても有意義だった。」といった回答が寄せられました。

2 .プログラム
<1日目>(9時40分から16時55分)
障害学生支援に関する基本的な考え方
学生のニーズと修学支援方法A ~身体障害の事例を中心に~
学生のニーズと修学支援方法B ~発達障害の事例を中心に~
学生のニーズと修学支援方法C ~精神疾患等の事例を中心に~
<2日目>(9時40分から16時30分)
支援の流れと教職員の役割・相談体制
支援者の育成
障害学生の就職支援
グループワーク:与えられた課題に対する解決策の協議

応用プログラム

障害学生支援を担当する教職員個々の専門的知識の向上や実践面の向上を図ることを目的とした実践的演習中心のプログラムです。研修は前期2日間・後期1日間の合計3日間行なわれます。

【前期】
開催日:平成29年9月14日(木曜日)・15日(金曜日)
会場:日本科学未来館

【後期】
開催日:平成29年12月4日(月曜日)
会場:東京国際交流館プラザ平成

◆お申し込みは終了しました。
参加決定の方は、以下のページを確認し、参加の準備をしてください。
なお、研修会当日に名札が必要となりますので、以下の「名札フォーム」で作成してください。

取組課題フォーム

12月4日にご提出いただく取組課題レポートのフォーマットを掲載しました。ご活用ください。
なお、取組課題のテーマを変更された場合は、新しいタイトルを11月13日(月曜日)までに下記のメールアドレス宛てにご連絡ください。


お問い合わせ

独立行政法人日本学生支援機構 学生生活部 障害学生支援課
  • 〒135-8630 東京都江東区青海2-2-1
  • 電話03-5520-6174
  • FAX03-5520-6051
  • E-mailkyoshoku2【@】jasso.go.jp
  • メールを送る際は@の前後の【】を取ってご利用ください。